イソフラボンが豊富な食材

photo03

大豆イソフラボン女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかり、脚光を浴びています。
元々は、大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)部分に多<含まれる抗酸化物質の1種。細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる優れものです。
大豆イソフラボンは名前とおり、大豆に含まれています。

納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ、大豆煮、きな粉、味噌などに多く含まれています。
元々、日本の食事の多くにイソフラボンが入っていました。しかし、食生活の欧米化などによってイソフラボンの摂取量が減り、更年期などに悩まされる女性が増えてきたのです。

食品安全委員会が発表したイソフラボンの1日の摂取量は70〜75mgが目標です
納豆であれば1パック、大豆飲料であれば125ml、豆腐は1/2丁、油揚げは1/2枚くらいで50mg摂取することが出来ます。
足りない部分は特定保健用食品やサプリメント等で1日30mg程度取ることもおすすめされています。

商品の詳細/口コミはこちら
イソフラボンサプリメント徹底ランキング注目の第1位はコレ

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2016.5.1

大豆イソフラボンサプリメント徹底ランキング調査

みなさんの声を集めてランキング形式にしてご紹介!

おすすめ記事

  • 2015/07/14

    イソフラボンが豊富な食材

    大豆イソフラボン女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかり、脚光を浴びています。 元々 […]

  • 2015/07/14

    イソフラボンはどんな効果があるのか

    イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われています。本日はイソフラボンの効果についてご説 […]

  • 2015/07/14

    イソフラボンとは

    イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。今のところ、ダイゼイン、ゲニステインを代表と […]

ページ上部へ戻る

イソフラボンサプリメントでお悩みのあなたに、大豆イソフラボン商品研究所ダイズボン